最後のありがとうが伝わる大阪のペット葬儀専門霊園ガイド

HOME » ペットが亡くなったら…最初にすること

ペットが亡くなったら…最初にすること

愛するペットが亡くなったらどうすべきか、まずはこのページを読んで2つのことをしてください。あとは、気持ちが落ち着いてから行動しましょう。

最愛のペットをしっかり見送るために

愛するペットとの突然の別れは、誰でも寂しく悲しいものです。

飼い主のみなさんは、まだ温かいペットを前にショックと悲しみでいっぱいのことでしょう。きちんと見送ってあげるためにも、飼い主さん自身が後悔しないためにも「その時に何をすべきか」をお伝えしておきたいと思います。

ペットが亡くなったら在りし日の姿で見送りましょう

亡くなってから最初に行っておくべきことは次の2点です。

  • 遺体を清めること
  • 正しく安置すること
【遺体を清める】

大阪でおすすめのペット葬儀霊園人間と同じく、ペットにも死後硬直が起こります。

死後硬直は当日の気温にも左右されますが、人間よりも小さなペットの硬直は早く、おおよそ2時間ほどで始まってしまいます。
悲しみに暮れている間にペットが硬直してしまっては、棺に収まらないこともありますし、何よりも自然な姿での供養が難しくなってしまいます。

硬直が始まる前にまぶたを閉じてあげたり、手足の関節を曲げてあげたりするなど、生前のペットがリラックスしていた状態にしてあげましょう。
そして、お湯を絞った温かいタオルで体を拭いてあげたり、ペットの毛並みや尻尾を整えてあげましょう。

●準備する物 タオル、ガーゼ

【安置する】

ペットの大きさにちょうど良い段ボールなどを用意し、タオルや毛布などを敷いた上にそっと寝かせてあげましょう。

時間が経つと、口や肛門から体液や汚物が出てくることもありますが、これは自然な現象です。ガーゼやタオルなどで拭き取ってあげたり、脱脂綿などを詰めてあげましょう。

安置場所は腐敗を防ぐためにも、直射日光が当たらない涼しい場所、風通しのいい場所を選びましょう。保冷剤やドライアイスなどで頭部やお腹を冷やしてあげてください。安置後はお線香を焚いたり、お気に入りだったおもちゃ、おやつをお供えしてあげるなどしましょう。

※ポイント:箱底から体液が染み出ないようにペットシートやビニール、新聞を敷くとよいでしょう。 遺体をタオルでくるむと保冷効果も持続しやすくなります。

●準備するもの 段ボール(箱)、新聞、毛布、タオル、保冷材

気持ちが落ち着いたら

安置が終わり気持ちが落ち着いたら、遺体の葬儀・埋葬・火葬方法を考えましょう。

ペットが亡くなったら、家族と過ごせるのは概ね1日ぐらいでしょう。慌ただしくも感じますが、きちんと見送るためにもしっかり手続きすることが大切です。

  • ペット霊園での火葬・葬式を考える場合は霊園へ直接連絡
  • ペット霊園がなければ、各自治体へ問い合わせ

霊園への連絡後は、家族の写真ペットの愛用品お気に入りのおやつなど、一緒に火葬してあげたいものを準備しておくとよいですね。

このサイトでは、大阪のペット霊園を紹介していますので参考になさってくださいね。

ペットを見送る葬儀ができる大阪の霊園カタログ≫

 
大阪のペット葬儀ができる霊園カタログ